トップ » 不動産購入の値下げ交渉
干支のおまもり -  巳年
干支おまもりブログパーツ

不動産の購入では値下げ交渉を

不動産物件の購入は業者との交渉、駆け引きが重要になります。販売価格そのままで購入をしようと考える方もいますが、そうではなく値引き交渉をすることも重要で、時には強気に出てみることも良いかもしれません。もちろん、周辺の物件のある程度の価格を下調べをする必要がありますが、物件の表示価格は概ね標準か高めに設定されていることが多いものです。何処まで値下げが出来るかは交渉次第になりますが、何も交渉をせずに不動産業者の言い値で購入することは裂けましょう。

マンション角部屋もリスクはある

マンションで人気が集中しやすい角部屋。風通しが良くて騒音もあまり気にならない、ドアの前を他人が通ることがほとんどない、というメリットばかり目についてしまいます。しかし、季節ごとの気温差が激しい地域では、過ごしやすさをもう少し掘り下げて購入を考えるべきでしょう。角部屋は中部屋よりも窓の数が増えています。その分、結露のリスクが上がっており、エアコンの効きも若干弱くなっています。よって価格以外の費用も高くなるのです。長く住むつもりなら、マンション選びは年中かかるコストにも注目して選ぶことが大切です。