トップ » 不動産がお買い得なのは
干支のおまもり -  巳年
干支おまもりブログパーツ

ズバリ不動産の買い時を知る。

株でも何でもそうですが、不動産であっても共通するのが買い時は、値段が下がったときになります。全体的に景気が良いときには、土地や建物も動きますし、新規で建設されるマンションやビルなども増加しています。その時期は買いたい人も増えてきますから、売り時ということになります。逆に不動産の動きが鈍っているとき、これはなかなか手持ち物件が売れません。そして、新規需要もないことから建物の供給も少なくなります。このようなときは物件の買い時になります。また、景気が悪いと住宅ローン金利も低く誘導されることから、お金の無い人でも購入する可能性が高くなります。

買い時は不満になったとき

今住んでいる住まいが賃貸なのか分譲マンションなのかといった違いがあるにせよ。新しい不動産を買いたいと思う買い時は、実は今住んでいる住まいが不満に思えてきたときです。部屋が狭いとか風呂場の湿気がひどくてカビがすごいとか、壁が薄くて隣の声が聞こえるといったささいなことでも嫌に思えてきたら、そこを出たほうがいいと思うわけです。不動産を買おうとするのは、賃貸だと家賃がもったいないとか、分譲仕様の住まいに住んでみたいなどの欲が出てきたときです。住宅ローンは長期の支払いで不安もありますが、やはり自分の家に住みたいと思うわけです。